文字サイズ

床田、自己ワースト6失点KO 憧れDe今永との投げ合いで自滅…

 5回、宮崎にソロを打たれ、ぼう然と立ちつくす床田(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「広島2-6DeNA」(10日・マツダスタジアム)

 ベンチに腰を下ろした床田は、タオルで汗をぬぐうと唇をかんだ。待ち望んでいた今永との投げ合いは5回7安打5四球6失点(自責点5)で幕を閉じた。「無駄なランナーを出さない。あれがエース」。脱帽したプロ2度目の対戦だ。

 序盤から本来の制球力が影を潜める。ここまで生命線となってきたツーシームが「決まらなかった」。カウントを悪くして狙い球を絞られる。修正しようと試みても、指先の感覚は戻らなかった。

 経験不足も露呈。0-1の四回2死満塁。今永が放った三塁線へのボテボテのゴロを一塁へ悪送球。2者の生還を許した(記録は内野安打と失策)。フォースプレーのため、三塁・小窪は本塁への送球を指示。左腕も「声は聞こえた」という。だが、気持ちの焦りが冷静な判断を妨げた。

 四球が失点に直結し、自らのミスも絡んだ5回KO劇。6失点はプロワーストだ。佐々岡投手コーチは「次が大事。今日の反省を次に生かしてほしい」と背中を押した。

 「真っすぐでも変化球でも、いつでもストライクを取れるようにならないといけない」と力を込めた左腕。黒星を財産として、前へ進んでいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス