文字サイズ

菊池保→フランスア!カープ延長0封リレー!緒方監督 4連投解禁

 力投するフランスア
 延長11回、2イニング目もきっちり抑え出迎えた投手陣とタッチを交わす菊池保(右)=撮影・飯室逸平
2枚2枚

 「広島3-3巨人」(5日、マツダスタジアム)

 熱い好救援リレーで、延長ドローに持ち込んだ。6番手の菊池保が十回から2回を、初の4連投となったフランスアは最終十二回を、ともに無安打無失点。移籍後初のホールドを記録した菊池保は「何とかゼロに抑えられて良かった」と安どの表情を浮かべた。

 3-3の場面でマウンドに上がった菊池保は十回を三者凡退。十一回は先頭・陽岱鋼に四球を与えたが、2死三塁から代打・中島を二ゴロに仕留め、「ああいう場面は気持ちが入る」とグラブをたたき右拳を握った。

 十二回に登板したフランスアは好打者を完璧に斬った。先頭・坂本勇を空振り三振、丸は投ゴロ、岡本もチェンジアップで空振り三振。鉄腕左腕は連投にも「全然大丈夫」とうなずき、涼しい顔で仕事を果たした。

 救援陣は3連投を上限とするのがチームの基本方針だが、12連戦中で、しかも延長戦に突入したため、4連投を解禁した。緒方監督は「最悪の状況を想定して伝えている。勝ちを求めていく中で、頑張っていくところは頑張ってもらう」と説明した。

 6日からはナゴヤドームで12連戦最後の3試合となる中日戦に臨む。「これからも抑えられるように、続けていけるようにしたい」と菊池保は意気込んだ。救援陣の奮闘はチーム浮上に欠かせない。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス