文字サイズ

タナキクがマルチ安打「本来の活躍」名参謀も評価

4回広島無死、中前安打を放つ広島・田中広輔=横浜スタジアム(撮影・中田匡峻)
1回広島無死、右前安打を放つ広島・田中広輔=横浜スタジアム(撮影・中田匡峻)
2枚2枚

 「DeNA1-6広島」(13日、横浜スタジアム)

 広島の名参謀・高ヘッドコーチが連敗ストップに安どした。

 先発・床田について「いいピッチングだった」とたたえ「先制してこうやって(連敗の流れから)脱却していけたらいい」と、巻き返しに手応えをつかんだ様子。

 打線は1番の田中広が2安打、2番の菊池涼が2安打1四球。得点力を上げ、「本来の活躍をしてくれた。1、2番が機能したらこういう試合ができる。きっかけにしたい」とうなずいていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス