文字サイズ

小園、ミレニアム世代ナンバーワンになる!ライバルたちと再会で決意表明

 研修会を終え記念写真に納まる(右から)広島・小園、中日・根尾、日本ハム・吉田輝、ロッテ・藤原(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園=が11日、都内で行われたプロ野球の新人研修会に出席し、ミレニアム世代の頂に立つ意思を示した。高校野球界でしのぎを削ってきた中日ドラフト1位・根尾やロッテドラフト1位・藤原(ともに大阪桐蔭)らと再会した中での決意表明。この日は野球殿堂博物館も訪問し、将来的には同博物館に名を刻む青写真も描いた。

 各球団の新人選手ら112人がそろった研修会。小園は気持ちを新たにし、高卒のミレニアム世代をけん引していく思いを募らせた。「同世代で盛り上げていきたい気持ちもあるけど、その世代で1番を取れるようにやっていきたいなと思います」。自然と言葉に熱がこもった。

 根尾や藤原…。この日はわずかな時間だがU-18日本代表として切磋琢磨(せっさたくま)してきた同学年のライバルたちと談笑した。他にも多くの逸材がそろう世代。「すごい選手が多い。一日でも気を抜くと、すぐに抜かれてしまう」と気持ちを引き締め直す。

 先輩の言葉も胸に刻んだ。昨季で引退した前中日・岩瀬仁紀氏の講義を聴き「『壁に当たった時に目標を忘れずに続けた』という話をされていた。自分も忘れずにやっていきたい」。自身も高校3年春に結果が出ない時期があったというが、夏の甲子園出場という目標を忘れずに壁を破った経験がある。プロでも「日本一のショート」への思いを心に鍛錬を積む。

 午前中には野球殿堂博物館を訪問。衣笠祥雄氏のユニホームの前で記念撮影し、レジェンドたちの功績も目に焼き付けた。「殿堂入りされた方の顔があったので、自分もそこに載りたい気持ちにもなれた」。12日からは新人合同自主トレも再開する。力をメキメキとつけ、ライバルたちに負けない輝きを放つ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス