文字サイズ

4連敗で終戦…34年ぶり日本一ならず 新井、最後の試合で思い届かず

試合後に声援に応える広島・新井=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
9回、最後の打者となった広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
8回、遊ゴロに倒れた代打の新井=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「日本シリーズ・第6戦、広島0-2ソフトバンク」(3日、マツダスタジアム)

 広島は4連敗を喫し、1勝1分け4敗で34年ぶり4回目の日本一はならなかった。敵地での3連敗から気持ちを切り替えたいところだったが、ソフトバンク甲斐に立て続けに二盗を阻止されるなど、らしさを出せなかった。

 0-2で迎えた九回。ソフトバンク抑えの森唯斗に先頭の菊池、続く丸と倒れ2死走者なし。大観衆の「誠也コール」の中、今シリーズで好調の鈴木が打席に入ったが、快音は響かなかった。

 今季限りでの引退を表明している新井は八回、代打で出場も遊ゴロ。九回に一塁守備にもつき、ベンチ最前列で見守ったが思いは届かなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス