文字サイズ

広島、五回に一挙4点で逆転 安部が勝ち越し打

 5回、勝ち越しの適時三塁打を放ち、ガッツポーズで喜ぶ安部
5回広島2死一塁、左中間に勝ち越しの適時三塁打を放つ安部友裕=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚2枚

 「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム)

 広島が逆転した。2-4の五回、1死一、三塁から丸が「食らいついていきました」と右前適時打を放ち、1点差に追い上げると、続く松山は同点となる左犠飛を打ち上げた。4番のアンパンマンは「キクがよく走ってくれました」と菊池に感謝した。

 さらに安部が左中間を破る三塁打で勝ち越した。「覇気で食らいついていきました」と振り返った。

 西川も右翼線適時二塁打で続き、阪神を突き放した。四回には自らの守りのミスで点を失っただけに「自分のミスで失点してしまったので、何とか取り返そうという気持ちでいきました。点につながって良かったです」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス