文字サイズ

早出の早出で若鯉鍛える 安部、堂林、野間よ…8時だョ!全員特打!!

 広島の緒方孝市監督(47)、選手ら計62人が7日、秋季キャンプを行う宮崎県日南市のチーム宿舎に入った。8日から天福球場などで始まる今キャンプのテーマは、現有戦力の底上げ。野手では安部、堂林、野間の3人が特別強化選手に選ばれ午前9時からの早出練習前に、同8時から練習を開始する。現時点で実戦の予定はなく、個々のレベルアップに時間を費やす。

 リーグ2連覇、そして果たせなかった日本一。それを目指すチームづくりが始まる。鍛錬の場所、日南に到着した緒方監督は「ドラフトを見ても、野手の多くは様変わりしていない。個々の力を上げてもらいたい。それがチーム力になる」と、現有戦力の底上げをテーマに掲げた。

 例年より短期間になる今キャンプ。昨秋に多く組み込んでいた実戦は、現時点で予定されていない。質を高めた基礎練習の反復がメインで、安部、堂林、野間が特別強化選手に選ばれた。9時からの早出練習前の8時からスイングを開始。特別メニューを組んで徹底的に強化する。

 シーズン中から、3人は早出特打を行いレベルアップを図ってきた。「来年は今年の形にとらわれず最善の形を求めていく。変わることを恐れない。3人はもう一つ上の力を付け上がって来てほしい」と指揮官。彼らの台頭があればチーム内で競争が起こり総合力は増す。期待は大きい。

 リーグ優勝そしてCSを突破して歓喜に酔いしれた。だが日本シリーズで敗れて今季が終わった。緒方監督は「悔しさがある。苦しい思いをするからには優勝を勝ち取りたい。この秋から」と前を向いた。高い頂にたどり着くための14日間が幕を開ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス