文字サイズ

広島が同点 下水流が執念の適時内野安打「気持ちだけでいきました」

6回広島2死二、三塁、下水流昂は遊撃に同点適時内野安打を放ち、ガッツポーズで喜ぶ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
6回広島2死二、三塁、ショートへの適時内野安打を放ち、激走する代打広島・下水流昴=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
2枚2枚

 「日本シリーズ・第6戦、広島-日本ハム」(29日、マツダスタジアム)

 広島が1点ビハインドの六回、下水流の執念の適時内野安打で同点に追いついた。

 3-4で迎えた六回。先頭の松山が中前打、鈴木が四球で出塁し、小窪が送って1死二、三塁。途中出場の会沢は見逃し三振に倒れて2死となったが、ヘーゲンズの代打・下水流が遊撃への適時内野安打を放ち、同点に追いついた。

 「打ったのはストレート。とにかくランナーをかえすという気持ちだけでいきました」と起用に応えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス