文字サイズ

黒田がアクシデントで緊急降板 六回途中1失点

6回日本ハム1死、大谷翔平を左飛に打ち取った後、緊急降板する広島・黒田博樹(左)=札幌ドーム(撮影・吉澤敬太)
6回、日本ハム・大谷翔平(左)を左飛に抑えた後、足を気にする広島・黒田博樹=札幌ドーム(撮影・出月俊成)
6回裏日本ハム2死、畝投手コーチがベンチに「バツ」の合図を出し、無念の降板となった広島・黒田博樹=札幌ドーム(撮影・佐々木彰尚)
3枚3枚

 「日本シリーズ・第3戦、日本ハム-広島」(25日、札幌ドーム)

 日本シリーズを最後に現役引退を表明した広島先発の黒田が、1点リードで迎えた六回途中に、アクシデントに見舞われ、降板した。

 この回、近藤を三飛に抑えると、続く大谷との対戦。ここまで2安打されている大谷に対してカウント1-1から3球目、外角のスプリットで左飛に抑えた。だが、ここで黒田がマウンド横で両手を膝に付くと、畝投手コーチらが急いでマウンドへ。開幕前から右足首付近に痛みを抱えており、一度ベンチに下がった。

 しかし、約2分間の治療後、再びマウンドへ。一度は投球練習を再開したが、3球投げた後にマウンドを降りた。この姿に広島ファンだけでなく。日本ハムファンも大歓声。5回2/3を投げて4安打1失点。41歳レジェンドの熱投に、球場全体が拍手を送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス