文字サイズ

広島ドラ1候補に田中正義、佐々木千隼、山岡泰輔ら

 桜美林大の佐々木千隼
1枚拡大

 広島は28日、広島市内の球団事務所で今秋ドラフトに向けたスカウト会議を開いた。大学生と社会人の指名候補30人を確認し、上位候補15人を映像でチェックした。

 1位候補には156キロ右腕の創価大・田中正義投手(22)、桜美林大・佐々木千隼投手(22)、慶大・加藤拓也投手(21)、明大・柳裕也投手(22)、地元の瀬戸内高出身の東京ガス・山岡泰輔投手(21)らが含まれているという。

 田中は右肩の故障から復活を目指している途中。苑田スカウト統括部長は「まだ万全ではないという感じ。去年はすぐにでも15勝できると思ったが、そこまで上がってこない。悩むところ」と話した。10月6日がプロ志望届の締め切り日。その後に再び会議を開き、指名方針を固める予定だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス