文字サイズ

緒方監督、サヨナラ弾鈴木「神ってる」

9回広島1死一、三塁、鈴木誠也(中央)は、左越えに2試合連続となる逆転サヨナラ3ランアーチを放ち、仲間から祝福される=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚

 「広島4-3オリックス」(18日、マツダスタジアム)

 広島の緒方孝市監督が、2試合連続サヨナラ弾を放った鈴木を絶賛した。

 鈴木は3-2の九回1死一、三塁で、守護神・平野の甘くなったフォークを捉え、左中間席に放り込んだ。前日17日も延長十二回に試合を決める一発を放った。2試合連続でのサヨナラ弾は、広島では1984年の長嶋清幸以来、32年ぶり2人目。プロ野球史上では、10人目の快挙だ。

 緒方監督は劇的勝利の立役者について「今どきの言葉で言うなら、神ってる。何かしてくれるという期待感はあった。でも、まさか2日連続でサヨナラホームランを打つとは。本当にすごい。打席が回ってくるんだから、そういう流れになっているしね」と興奮気味に語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス