文字サイズ

大瀬良 故障後初のシート打撃を回避

 広島は18日、右肘内側側副靱帯(じんたい)部分損傷でリハビリ中の大瀬良大地投手(24)について、腰に違和感を感じ、予定していた故障後初となるシート打撃を回避したと発表した。

 この日、大瀬良は大野練習場で治療に専念。キャッチボールなども行わなかった。右腕は「今朝、練習前のストレッチの準備段階で少し痛みがきた。状態を早く戻して投げれるようにしたい」と話した。

 14日に故障後初のフリー打撃に登板。本来は、この日にシート打撃を行い、21日の紅白戦(由宇)で実戦復帰する予定だった。現段階で紅白戦登板は未定。今後については、患部の状態を確認しながら投球練習を再開する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス