文字サイズ

松山、丸、鈴木が一発 首位と0差2位

 「ヤクルト3-6広島」(10日、神宮球場)

 広島が3本塁打を含む11安打6得点で逆転勝ちし、首位・中日とゲーム差なしの2位を守った。

 0-3の四回、丸の9号ソロ、松山の2号2ランで同点。七回には菊池の中前適時打、新井の右前適時打で2点を勝ち越した。さらに九回には、鈴木がバックスクリーン左へ4号ソロを放ち、ダメ押しした。

 先発のジョンソンは初回にバレンティンの2ランなどで3点を失ったが、二回以降は立ち直って、6回7安打3失点で4勝目(3敗)を挙げた。七回からはヘーゲンズ、ジャクソン、中崎が、それぞれ1イニングを無失点に抑えた。

 ヤクルトは初回にバレンティンの10号2ランなどで3点を先制したが、二回以降は広島投手陣に抑えられた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス