文字サイズ

先発岡田が大乱調 1死しか取れず降板

 「ヤクルト-広島」(28日、神宮球場)

 広島の先発、岡田明丈夫投手(22)=大商大=がわずか1死しか取れずにKOされた。

 初回、菊池と新井のタイムリーで2点のリードをもらって、今季2度目の先発マウンドに向かったが、制球に苦しんだ。

 先頭打者の坂口から、川端、山田まで3連続四球を与え、無死満塁の大ピンチを招く。

 ここで4番のバレンティンは空振り三振に仕留めたが、雄平に同点の2点左前適時打を許すと、続く今浪に4つ目の四球を与え、またも満塁の大ピンチ。会沢の捕逸でさらに1点を献上すると、大引に走者一掃の右線適時二塁打を浴び、たまらず緒方監督がベンチを飛び出し、2番手・九里へと交代を告げた。

 1日の巨人戦(マツダ)以来、プロ2度目の登板だったが、2安打4四球で6失点KOと屈辱のマウンドとなった期待のドラフト1位右腕は、ベンチに戻るとがっくりとうなだれていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス