文字サイズ

広島リリーフ陣が大炎上 七回に7失点

8回、中日・ナニータに2点適時打を打たれた広島・小野=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
7回、中日・高橋周平(左奥)に逆転の満塁弾を打たれる広島・中田 廉=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
7回、中日・遠藤に適時二塁打を打たれたところでマウンドから降りる広島・仲尾次オスカル(左)=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「中日-広島」(31日、ナゴヤドーム)

 広島の中継ぎ陣が大炎上した。5-0の七回に一挙7点を失い、試合をひっくり返された。

 ジョンソン代わりマウンドに上がったオスカルが代打・谷の右前打から走者をためると、1死一、三塁で遠藤に左中間突破の適時二塁打を浴び1点を失った。

 広島ベンチはここで勝利の方程式の1人、中田を投入。だが制球が定まらず2者連続の押し出し四球で5-3と2点差に迫られた。さらに1死満塁とピンチが続き、打席には高橋。長打を最も避けなければいけない場面で、カウント2ボールから投じた高めの直球を、右中間席にはじき返された。悪夢の1号逆転満塁弾。球場全体から歓喜の声が鳴りやまない中、中田はマウンドにぼうぜんと立ち尽くした。

 菊池の適時打などで5点を先取。先発したジョンソンも低めを丁寧につく投球で六回まで4安打無失点と好投していた。それだけに、痛すぎる終盤での逆転劇になった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス