文字サイズ

新井が負傷で途中交代も軽傷

3回ソフトバンク無死一、二塁、柳田悠岐の打球を右手に受け、負傷退場となる広島・新井貴浩=ヤフオクドーム(撮影・吉澤敬太)
3回ソフトバンク無死一、二塁、柳田悠岐の打球を右手親指に受け、負傷退場となる広島・新井貴浩=ヤフオクドーム(撮影・吉澤敬太)
3回ソフトバンク無死一、二塁、柳田悠岐の打球を右手に受け、黒田博樹(右)に見せる広島・新井貴浩=ヤフオクドーム(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 「オープン戦、ソフトバンク10-3広島」(20日、ヤフオクドーム)

 広島は、この日の試合で負傷退場した新井貴浩内野手(39)について、福岡市内の病院で検査した結果「右手親指の打撲」と発表した。今後はアイシング治療で経過観察をしていくという。患部は大きく腫れているようで、21日は状態を見ての判断となるが、骨折など最悪の事態は回避された。

 この日のソフトバンク戦には「6番・一塁」で先発出場。三回、無死一、二塁の守備で、柳田の打球が一、二塁間に飛んだ。強烈な打球に回り込んで捕球体制に入ったが、バウンドが変化したのか右手親指を強打。そのまま交代となり、病院に直行した。球場を離れる際には、右手親指に包帯が巻かれていた。新井は「直、直(直接当たったの意味)」と険しい表情で話した。

 前日19日の同戦では、3点ビハインドの七回に、逆転満塁ホームラン。最近4試合で3本塁打と好調を維持していた。

 節目の2000安打まで残り29本、300本塁打に13本に迫る。偉業達成とともに、開幕ダッシュには欠かせぬベテラン。最悪の離脱は回避されただけに、チームにとって朗報となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス