文字サイズ

黒田、打球直撃のくるぶしは問題なし

6日に打球を受けた左くるぶしの不安を感じさせず、笑顔でグラウンド入りする広島・黒田博樹=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
6日に打球を受けた左くるぶしの不安も感じさせず、キャッチボールを行う広島・黒田博樹=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚2枚

 左足に打球を受けた広島・黒田博樹投手(41)が7日、マツダスタで汗を流した。今季初の実戦登板となった6日、西武とのオープン戦で、メヒアの打球が左内くるぶしを直撃して途中降板。試合後、緒方孝市監督(47)らも「心配だな」と不安視していたが、一夜明けたこの日、右腕は問題なしを強調した。

 笑顔でグラウンドに姿を見せるとキャッチボールや、軽めのダッシュなどで調整。その後は室内でトレーニングを行った。昨年同様に、普段通り登板翌日のルーティンを消化した。

 「全然、大丈夫。これくらいでダメだったら、野球はできないですから。ピッチャーをやっていれば、これくらいのことは日常茶飯事ですよ」と話した上で、冗談も交えて説明。「急にあしたになって折れていたと言われたら、メンタル的にもやられるかもしれない」と笑いを誘った。

 状態が確認できたことで、今後の調整、登板日程も予定通りに進める。レジェンド右腕が「全然、大丈夫だと思います」と話せば、キャッチボール相手を務めた畝投手コーチも「問題ない。大丈夫です」と説明していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス