文字サイズ

広島、対外試合の連勝は7でストップ

 「オープン戦、中日2-1広島」(2日、刈谷)

 中日は初回、広島先発・野村の立ち上がりを捉え、3番・平田、4番・ビシエド、5番・ナニータの3連打などで2点を奪った。しかし二回以降は散発3安打に終わった。先発の浜田達が5回1失点も、8四死球と制球に苦しんだ。

 広島は、今年の対外試合の連勝が7で止まった。七回まで毎回走者を出しながら、得点は二回に磯村の中前適時打で挙げた1点のみ。投手陣は先発の野村が初回に2点を失ったが、二回以降は立ち直り4回2失点。五回からは新人のオスカル、今村、中田、小野がそれぞれ1回を無得点に抑えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス