文字サイズ

新井が初対面の新人にアドバイス

 広島の新井貴浩内野手(38)が20日、広島県廿日市市の大野練習場で、合同自主トレに参加。ノックや打撃練習など約5時間、精力的に汗を流した。

 入団した新人選手とは初対面。ドラフト1位の岡田明丈投手(22)=大商大、同2位の横山弘樹投手(23)=NTT東日本、同6位の仲尾次オスカル投手(24)=ホンダ=がブルペン入りすると、ネット越しに捕手の真後ろから、球筋をじっと観察した。

 岡田は立ち投げだったが、ドラ1右腕の潜在能力に「力強いボールを投げる」と驚いた様子。新人7選手に向けて、プロ18年目のベテランは「練習しかない。しっかり食べて(練習を)やって、やって、やる」とエールを送った上で、25年ぶりの優勝へ共闘を期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス