文字サイズ

新井、12年連続の護摩行

炎と向き合う広島・新井貴浩=鹿児島・最福寺(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 広島の新井貴浩内野手(38)が12日、石原慶幸捕手(36)と、鹿児島県鹿児島市の烏帽子山最福寺で、12年連続12回目の護摩行に挑んだ。高野山別格本山「清浄心院」の住職・池口恵観大僧正(79)からは「全身奉炎(ぜんしんほうえん)」の言葉を授かり「火の玉になって、全身でぶつかっていけば、いい結果が出るでしょう」と、心構えを説かれた。

 読経が絶叫に変わる。2メートルを超える火柱のすぐそばで、新井は熱風、白煙と相対した。100分の荒行。ただ無心になって、般若心経を唱(とな)え、炎と向き合った。

 25年ぶりの優勝を目指す2016年シーズン。口や目の周り、首はやけどで真っ赤になった。「何年やっても怖い、苦しい、痛いですよ」。苦痛に顔をゆがめながら「初心に帰って、泥だらけになってがむしゃらにやっていかないといけない」と決意を新たにした。

 04年のシーズンオフ、初めて最福寺の門をたたいた。ただ、レギュラー奪取に燃えた当時と心境は違う。1月30日には39歳となる。プロ18年目のシーズンを前に、目指すのは25年ぶりの頂点と、チームの強化、繁栄。初心に帰って、力強く前を向いた。

 1泊2日で行う護摩行の初日が終了。あと1日、荒行でシーズンに向かう心を整える。「2000安打は護摩行とは関係ない。自分では通過点だと思っている。ただ、節目のヒットはチームの勝ちにつながる、いいヒットを打ちたい」。個人記録には興味を示さない。目指すのは頂点だけだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス