文字サイズ

菊池が激白 3年連続全試合先発でVを!

 秋季キャンプで連日バットを振りこむ菊池
1枚拡大

 広島の菊池涼介内野手(25)が8日、シーズン終了後初めて、来季の雪辱と優勝への強い覚悟を激白した。チームリーダーとして期待された今季は、両膝痛を抱えながらの出場で打率・254と不調。チームも3年ぶりの4位に終わった。だが“けがの功名”で、新たな打撃スタイルも開眼。3年連続の全試合スタメン出場を目標に掲げた。

 侍ジャパンが熱戦を繰り広げる中、静かに、だが強く再スタートを切った。宮崎での日南キャンプ。菊池が雪辱の来季へ黙々と汗を流している。「メンタル、やる気は誰にも負けない」。人一倍の思いを胸に復活、そして飛躍を誓う。

 チームリーダーとして期待された今季、全試合に出場しながら打率・254。不振の裏でけがと闘っていた。5月16日のDeNA戦(マツダ)。二塁後方の打球に飛びつき、左膝から落ちて強打。同月26日のロッテ戦(尾道)で、今度は打球処理で右膝を痛めた。

 いずれも必死にプレーした結果だったが、代償は大きかった。病院には行かず痛みを押して出場を続け、シーズン終了後のMRI検査で、実は両膝の内側側副靱帯(じんたい)と後十字靭帯が損傷していたことが判明した。5月3日のヤクルト戦では頭部死球で首を痛めていた。回復の兆しが見えた9月まで、体は極限状態だった。

 「プロで初めての経験。悔しい。本当に悔しい。捕れる球はいくつもあった。『申し訳ない』と思いながら守っていた。ただ、迷惑掛けたことばかりだけど、抜けることは絶対に考えられなかった」

 打撃にも影響はあった。だが「悪い中でもこれだけできたな、というのが打撃」と前を向く。進塁打、犠打の徹底に、けがの功名で右打ちを学んだ。「1つ世界が広がった。そういう意味で1つステップを上がれた」。今季、左方向への安打と、中堅から右方向の安打は、ほぼ半分ずつだった。

 昨季、リーグ2位の打率・325を記録した打撃に「自分の形は、まだない」と言う。秋季キャンプでは石井打撃コーチと共に、打撃スタイルの確立を目指している。「(石井)琢朗さんに一から聞いて、早く固めていきたい」。昨季の自信と、今季の収穫をベースに、バットを振り込む日々が続く。

 「経験値になった。一番は143試合、全試合に出ること。何十年やろうが、変わらない。その中で打撃、守備、走塁があるので」

 来季に目を向ければ、自然と言葉は熱を帯びる。目標は3年連続の全試合スタメン出場、そして優勝だ。離脱せず戦い抜いた経験と、故障が癒えた本来の体で雪辱を誓う。妥協なき日々を送るオフシーズン。悔しさを胸に2016年へ、強い覚悟で歩みを進めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス