文字サイズ

巨人・原監督 中盤以降の反撃に「明日につながるというところ」7点差追い上げ届かず

9回、岡本和は一邪飛で最後の打者となり、がっくりと肩を落とす(撮影・佐藤厚)
4回終了後、選手交代を告げる原監督(撮影・佐藤厚)
 4回、5点目を失った赤星(中央)=撮影・佐藤厚
3枚

 「巨人5-7DeNA」(23日、東京ドーム)

 7点ビハインドを懸命に追い上げたが、逆転勝利はならなかった。試合後の巨人・原監督は中盤以降の反撃を「まあね、まあ、かなり劣勢の中でね。明日につながるというところでしょうね」と振り返った。

 先発のドラフト3位・赤星(日大)がゲームを作れず、4回5失点KO。「若い選手ですからね。やっぱり育てるのには我々もね、どこかに辛抱って必要だし。彼らも、若い選手たちも、そこでなんとかというね。奮起というかね、そういうものは必要になってきますね」と悩ましい胸中を明かした。

 首位のヤクルトとのゲーム差は今季最大の10ゲームに広がった。一戦、一戦か、と問われた指揮官は最後に、「まあそういうことですね。そういうことですね」と繰り返した。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス