文字サイズ

高野連 コロナ禍拡大もセンバツへ準備 2月中旬の理事会では「継続試合」協議予定

 日本高野連は6日、大阪市内で仕事始めを迎え、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大が広がる中、3月18日に開幕予定のセンバツに向けて準備を進めた。

 また、2月中旬に行われる理事会では、導入が検討されている「継続試合」について協議する予定。継続試合とは試合成立の条件を満たさない試合をノーゲームとするのではなく、そのまま引き継いで翌日以降に途中から行うもので、一昨年から協議が進められている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス