文字サイズ

ヤクルトナインは号泣 村上、山田、青木、中村、川端も 大激闘に涙止まらず

 優勝を決め、号泣する村上(撮影・北村雅宏)
 石川に肩を抱かれ、涙を流しながら歓喜の輪に向かう青木(撮影・飯室逸平)
 優勝が決まって大喜びし駆けよる村上(撮影・神子素慎一)
3枚

 「日本シリーズ・第6戦、オリックス1-2ヤクルト」(27日、ほっともっとフィールド神戸)

 ヤクルトは20年ぶりの日本一に、選手が次々と涙を流した。

 十二回の死闘の末にオリックスを撃破。その瞬間、ベンチから歩いて出た青木はすでに号泣。主将の山田、中村、そして主砲の村上、決勝打の川端も涙が止まらなかった。

 その後、ゆっくりと輪の中心へ向かった高津監督がナインに声をかけ、歓喜の胴上げ。10回宙に舞った。

 今シリーズは大激闘に次ぐ大激闘。オリックスは十二回2死に力尽き、25年ぶりの日本一に届かなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス