文字サイズ

西武・岡田 FA権行使視野  残留最優先で熟考

 西武・岡田雅利捕手(32)が、今季取得条件を満たした国内フリーエージェント(FA)権の行使を視野に入れていることが26日、分かった。残留を最優先とした上で熟考していく方針だ。

 ドラフト6位で2014年に西武に入団し、6月に条件を満たした際は「一野球選手としてうれしいことですが、目の前の一試合一試合、全力で挑んでいくだけです」などとコメント。権利行使の際には補償を必要としないCランクと推定され、ソフトバンクなど複数球団が興味を示すとみられる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス