文字サイズ

M3ロッテ 美馬が大炎上 まさかの2回途中7失点KO 千賀相手に厳しい展開

 2回、ソフトバンク打線に捕まり降板した先発・美馬(手前)。後方は吉井コーチ(撮影・開出牧)
 2回、同点の右前適時打を放つ甲斐(撮影・開出牧)
 2回、投手交代を告げた井口監督(撮影・開出牧)
3枚

 「ロッテ-ソフトバンク」(25日、ZOZOマリンスタジアム)

 優勝マジック3のロッテは、美馬が二回に6安打を集中されてKOされた。初回は三者凡退で抑えたが、二回途中6安打7失点とまさかの結果となった。

 マーティンのソロで先制した直後の二回にエチェバリアの失策からピンチを招き、甲斐に右前適時打を許して同点に追いつかれた。さらにリチャードの犠飛で逆転された。

 ここで切ることができず、続く柳町の左中間適時二塁打で3点目。さらに三森にも左前適時打で4点目。釜元にも右前打を打たれると、さらに栗原にも2点二塁打を浴びた。

 一挙6失点のところで井口監督が交代を決断。この後、岩下にも適時打を浴びて、美馬は計7失点。難敵千賀を相手に苦しい展開となった。

 この日はロッテがソフトバンク、ゲーム差なしの2位オリックスは楽天と対戦。両チームともに優勝の可能性は最短27日となっている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス