文字サイズ

巨人・亀井、涙の引退会見 ライバル長野の存在「プレッシャーを重く感じて」

 原監督(左)、阿部コーチ(右)と並んで笑顔を見せる亀井(撮影・西岡正)
 原監督(右)が話す横で汗をぬぐう亀井(撮影・西岡正)
 引退会見を行う亀井(撮影・西岡正)
3枚

 巨人の亀井善行外野手(39)が21日、東京都内で引退会見を行った。故障と戦いながらも勝負強い打撃や俊足強肩を生かした守備力を武器に巨人一筋17年間プレー。昨季痛めた股関節などが完治せず引退を決断。時折涙を浮かべて自らの口で決断への思いを明かし、野球人生を振り返った。

 亀井は上宮太子高から中央大を経て、04年のドラフト4巡目で巨人に入団した。大きな転機を迎えたのは09年。第2回WBC日本代表に選出され世界一を経験。この年は初めて規定打席に達し日本一に貢献。球団タイのサヨナラ本塁打3本を含む自己最多の25本塁打をマークした。

 「まず2008年、自分の中で少し力がついてきた年で、そしてWBCを挟んで2009年、いい成績が残せました。その後ですね。もちろん2割9分、25本打てましたが、ものすごくプレッシャーを感じました。プラス、長野選手が入って来ました。大学時代から知っている選手で正直、勝てないなと思いました。そのプレッシャーも重く感じて…」

 ここまで話すと言葉に詰まり、目にはうっすらと涙が浮かんだ。「正直、口で攻撃したこともありました。冗談っぽくですけど」そう話して今度は笑顔を見せる。

 「長野に追いつけ追い越せで、トレーニングの仕方を変えて、人より走って、後藤コーチからの教えもあって少し兆しが見えそこから何とか持ち直して、やっていけそうだなと思ったんですが、やっぱぱりケガが常に付きまとって、毎年、思うような1年が遅れなかったです」

 度重なるケガと戦いながら、ベテランとなってからも18年、19年と規定打席に到達。20年は9月に負傷するなど51試合の出場にとどまったが、得点圏打率・448の勝負強さを見せていた。 今季は3月26日のDeNA戦では史上初となる開幕戦代打サヨナラ本塁打を放った。6月5日の日本ハム戦では通算100号本塁打。プロ17年目の到達は大卒選手では史上最遅、38歳10カ月での100号到達は歴代年長4位タイの“スロー到達”だった。

 今季の成績はここまで打率・216、3本塁打、17打点。通算成績は打率・257、101本塁打、462打点。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス