文字サイズ

松坂大輔「拍手に感動」と感謝「マウンドに立っていい状態ではなかったが」渾身の引退登板

最後の登板を終えて、ナインに迎えられる西武・松坂大輔(18)=メットライフドーム(撮影・西岡正)
ファンが見守る中、最後の登板に向けてマウンドへと向かう松坂(撮影・西岡正)
最後の登板を終えた松坂(18)をねぎらう辻監督(撮影・西岡正)
3枚

 「西武-日本ハム」(19日、メットライフドーム)

 西武・松坂大輔投手が引退試合として先発。打者ひとり、横浜高校の後輩でもある日本ハム・近藤健介外野手と対戦し、5球を投げて四球を与えた。

 松坂は登板後、球団を通じてコメントを発表。「最初、グラウンドに出た瞬間のファンの皆さんの拍手に感動しました。正直、プロのマウンドに立っていい状態ではなかったですが、最後の相手になってくれた、北海道日本ハムファイターズの皆さん、打席に立ってくれた近藤選手、そして今日球場までお越し頂いたファンの皆さん、球場には来れなくてもテレビなどで応援してくれたファンの方々に感謝しています」と語った。

 今できる精いっぱいの投球を見せた。初球は118キロで高めに浮くボール球。2球目は118キロ外角球でストライクを取った。だが、制球が定まらない。3球目は117キロ、4球目は116キロで3-1。大きな拍手が起こったが、最後も116キロで内角に大きく外れ、近藤もスイングできなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス