文字サイズ

オリックス中嶋監督 粘り、投手をたたえるも「強いて挙げたら早めに継投しておけば」

 「日本ハム4-3オリックス」(17日、札幌ドーム)

 オリックスは1点を追う四回に安達の適時打で同点に追いつくが、直後の守りで竹安が王柏融に一発を浴び勝ち越しを許した。その後も安達の適時打、来田の犠飛などで1点差まで迫るがあと一歩届かなかった。

 中嶋聡監督は「結果ですからね。結果がすべてです。追いつけませんでしたし、勝ち越せませんでした。それを受け止めていくしかないと思います」と受け止めた。

 四、六回の得点機にはT-岡田、安達の両ベテランが絡んだ。

 「誰もが出て、かえして、と思ってるんですけど、なかなかそうさせてくれない。そこをなんとか打開して、自分自身でやっていくしかない」

 シーズンは残り4試合となった。

 「そこをいくしかないと思います。全力でいきます」

 1点届かなかったが、試合を通して、変わらず粘りは見せられている。

 「開幕からずっとやってきたこと。集大成でもあるし、ここをなんとかやっていきたい。投手も頑張っていますから。強いて挙げたら早めに継投しておけばよかったかなと自分でも思います。本当に選手よく頑張ってくれているのでなんとかやっていきたいと思います」

 四回の竹安の交代期を悔やんだ。そこまで走者を出しながら粘りの投球を見せていた。王柏融の一発のあと、中島、清水の下位打線に連続四球を出したところまで引っ張った。が、追加点を許す結果となった。

 試合のなかったロッテのマジックは7に減った。

 オリックスの最短マジック点灯は19日でその場合は3。最短優勝は23日となった。

 19日から京セラドーム大阪で楽天2連戦に向かう。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス