文字サイズ

斎藤へ早実の大先輩・王貞治氏から労うVTR 第2の人生「大いに君らしく」

引退セレモニーで斎藤と抱き合う栗山監督(撮影・堀内翔)
引退セレモニーで目頭を押さえる斎藤(撮影・堀内翔)
2枚

 「日本ハム4-3オリックス」(17日、札幌ドーム)

 プロ11年最後の登板を終えた日本ハム・斎藤佑樹投手の引退セレモニーが行われた。あいさつに先立って流されたVTRでは、出身高校・早実の偉大な先輩、王貞治ソフトバンク球団会長からもメッセージが届けられた。

 王氏は「斎藤くん、11年間、本当にご苦労さんでした。本当によく頑張ったね。高校時代、大学時代、プロ野球時代と、本当に投げ続けてて、自分の思いをボールに託してキャッチャーミット目がけてなげたね。本当に素晴らしかったと思います」と奮闘を称えた。中でも甲子園での熱投を取り上げ、「記録以上に、多くの皆さんの胸に君の勇姿が焼きついていると思います」と言葉をかけた。

 アマ球界での栄光から一転し、プロでは苦しむ時期が長かった。「本当に大変な11年間だったと思うけど、君は頑張った。みんなもそれを見ていて、覚えている。本当に、ここまでよく頑張ったと思います。でも、人生はこれからの方が長いんだよね。どんな人生を送るかわからないけれど、不屈の闘志で頑張った野球時代を、もっともっと超えるような形でこれからの第2の人生を頑張ってほしいね」と今後への背中を押した。

 また両親と妻を挙げ、「このお三方にね、本当に感謝をするとともに、お三方のために頑張って、特に奧さんを幸せにしてやってほしい。支えてくれた奧さん、苦労は多かったと思うけど。奥さんのためにも、第2の人生で、大いに君らしく頑張ってほしいと思います」と願った。

 最後に改めて「思いは君と一緒だからね。野球に熱い思いをぶつけた者同士として、君にご苦労さんと言うとともに、良く頑張ったねとほめてあげたいと思います。これからの人生でまた栄光を取り戻すぐらいのつもりで頑張ってほしいと思います。本当にご苦労様」と労っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス