文字サイズ

斎藤佑樹 超異例づくしの引退セレモニー 涙、涙の締めは清宮、吉田輝ら2軍同僚大合唱

斎藤の登場曲「勇気100%」を熱唱する清宮の映像(撮影・堀内翔)
胴上げされる斎藤(撮影・堀内翔)
引退セレモニーで荒木コーチ(左)から頭をなでてもらう斎藤(撮影・堀内翔)
3枚

 「日本ハム4-3オリックス」(17日、札幌ドーム)

 試合後に日本ハム・斎藤佑樹投手の引退セレモニーが行われた。

 超異例づくしのセレモニーを締めくくったのは最高の仲間からの贈り物だった。斎藤のスピーチが終わり、胴上げ後、大型ビジョンに杉谷が登場。「佑樹さん、今日ここ鎌ケ谷で熱い気持ちを届けます!」と呼びかけ、斎藤の登場曲「勇気100%」が流れた。

 映像では2軍の仲間達が大合唱。清宮が先陣を切ってソロで歌い、吉田輝は背中をのけぞらせながら金足農業高校時代の“全力校歌”を思わせる歌い方で熱唱。さびは全員が肩を組んで歌い、斎藤に感謝の思いを伝えた。セレモニーで号泣していた斎藤には笑顔が戻り、その歌声をバックに場内一周した。

 セレモニーでは早実時代から日本ハム入団まで、さらにプロ11年間の映像が流された後、オリックス側も粋な計らい。日本ハム時代にバッテリーを組んだ中嶋監督が花束贈呈。中嶋監督の名前がアナウンスされると、斎藤の表情が崩れ、涙が止まらなくなった。さらに早実の大先輩でソフトバンク・王会長も長文のビデオメッセージ。「斎藤くん、11年間、本当にご苦労さんでした。本当によく頑張ったね」と言葉をかけた。

 斎藤はこの日の試合で七回に登板して福田に四球を与えて現役生活に終止符。セレモニーのスピーチで「僕が持っているのは、最高の仲間です。皆さんと過ごした時間は僕の一生の宝物です」と語り、大きな拍手を浴びた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス