文字サイズ

ロッテ・井口監督 オリックスに快勝し1・5差 首位攻防第3戦へ「初回から飛ばす」

 石川を迎える井口監督(撮影・神子素慎一)
 2回、モヤの飛球を追ってフェンスに激突する藤岡(撮影・高部洋祐)
 1回、先制適時打を放つレアード(撮影・高部洋祐)
3枚

 「オリックス2-8ロッテ」(13日、京セラドーム大阪)

 ロッテの井口監督が打線のつながりを称えた。首位攻防第2戦。初回に1点先制後、三回2死から、レアード、エチェバリア、山口、藤岡と4連打、打者一巡の攻撃で4点を奪った。

 三回までの8安打は全て単打。「ポコポコ打てるピッチャーじゃないので、足を絡ませながらね」と明かし、つないでつないで山崎福の攻略に成功した。

 首位オリックスとは1・5差に縮め、勝つか引き分けかで優勝マジック「9」か「10」が点灯する。先発は佐々木朗と宮城の高卒2年目対決。指揮官は「明日は朗希と宮城なので、なんとかいい試合をしたいなと思っていますし、勝たなくてはいけないので、とにかく初回から飛ばしていけるように頑張っていきたい」と期待を込めた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス