文字サイズ

巨人・原監督 サヨナラ逃して苦笑い「スーパープレーみたいなね」

9回、ビエイラ(右から2人目)にはっぱをかける巨人・原監督(左)=東京ドーム(撮影・佐藤厚)
 9回、巨人・増田を本塁で封殺する阪神・坂本=東京ドーム(撮影・飯室逸平)
9回、丸の遊ゴロで三走・増田が本塁アウト(阪神捕手・坂本)=東京ドーム(撮影・佐藤厚)
3枚

 「巨人6-6阪神」(24日、東京ドーム)

 巨人にとっては痛い引き分けとなった。

 1点リードの九回、守護神ビエイラがサンズに同点打を浴びた。その後の1死三塁はしのいだが、その裏、1死満塁で丸の放った三遊間のゴロを遊撃手・中野が好捕。本塁へ好送球し、アウトとなった。リクエストも判定は覆らず。次打者の中田も倒れ、試合終了となった。

 原監督は粘り強く戦ったチームについて問われ、「まぁまぁ、そうですね」と苦笑い。ビエイラについては「まあ、6点でよく抑えたっていうところ。7点目が両軍、取れなかったというところでしょうな」と語った。

 連日直接指導した丸が17号2ランを放つなど復調気配もみせた。しかし、最後の場面ではサヨナラ打を阻まれ、「さっき(九回)も…ね!スーパープレーみたいなね。そういうことですね」と、振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス