文字サイズ

ヤクルト・村上、最年少100号王手弾 今季5度目の猛打賞

 「ヤクルト4-4阪神」(14日、神宮球場)

 厳しい表情のまま、ヤクルト・村上は歓喜に沸く阪神ベンチを見つめた。史上最年少100本塁打に王手をかける今季34号も試合は痛恨のドロー。「とにかく出塁することを考えて打席に入りました」。白星に結びつかなかった通算99号。喜びきれない2位浮上となった。

 2点リードの六回だった。この回先頭で打席に向かうと、フルカウントから3球ファウルで粘った。外、内をカットしながら、甘い球を待った9球目。真ん中に入った変化球を強振すると、打球は右中間席へと届いた。

 若き主砲が大暴れした。この日は二回、四回に左前打を記録。本塁打と合わせて、今季5度目の猛打賞をマークするなど、打撃の調子は上向いている。

 冷たい雨が降り注ぐ中、村上はうつむき気味にクラブハウスへと戻った。負けなかったが、勝てなかった。「とにかく自分自身頑張るしかないので」。目指す逆転優勝には、首位・阪神への勝利は必要不可欠。この悔しさを次戦への力に変える。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス