文字サイズ

オリックス バルガスは「左内腹斜筋の筋挫傷」の診断

 オリックスは14日、セサル・バルガス投手(29)が大阪市内の病院で検査を受け「左内腹斜筋の筋挫傷」と診断されたことを発表した。今後は患部の状態を確認しながら、リハビリを行っていく予定だ。

 東京五輪にメキシコ代表として出場したバルガスは、五輪後にチームへ加入。だが、先発した11日の西武戦(メットライフ)で患部の違和感を訴えて五回途中で降板。翌12日に出場選手登録を抹消となっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス