文字サイズ

岐阜第一・阪口がプロ志望届提出「ホームランバッター目指す」

 今秋ドラフト候補の岐阜第一・阪口楽選手(18)が9日、プロ野球志望届を岐阜県高野連に提出した。12球団OKの姿勢を示し、「プロになるためにやってきた。プロでもホームランバッターを目指したい」と意気込みを語った。

 187センチ、90キロの恵まれた体格から高校生離れした飛距離の打球を放つ。昨夏の県独自大会では帝京大可児の加藤(現中日)から豪快な一発を放って注目を浴びた。最後の夏は岐阜大会4回戦で敗退。今は「一番の課題は確実性」と一球一球への集中力をさらに高めて練習している。

 投手としても非凡な才能があるだけに、「打者でという思いはありますが、球団で必要とされるポジションも違うと思う。準備はどちらもしていきたい」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス