文字サイズ

帝京・前田監督が今夏限り勇退 指導者生活50年目で決断「けじめ」

 甲子園歴代5位タイの51勝を誇る帝京の前田三夫監督(72)が今夏限りで勇退したことが29日、わかった。大学卒業後の1972年から同校を率い、指導者生活50年目。「けじめとしてこの辺がいいだろう」とユニホームを脱ぐ決断を下した。今後は名誉監督として支える予定で、今秋の東京大会は金田優哉コーチ(36)が暫定的に指揮する。

 前田監督は78年春に同校を初の甲子園出場に導き、89年夏には初めて全国制覇。92年春、95年夏も含めて春夏通算3度優勝するなど強豪校へと築き上げたが、近年は2011年夏を最後に遠ざかっていた。

 就任当初は約40人を相手に熱血指導していると、耐えかねて4人まで減ったそうで「それが強烈だった」と懐かしんだ前田監督。「体は元気だよ」と笑いつつ、名門復活を若い世代に託す。今夏の東東京大会ではノーシードながら4強。試合後に「ベスト4、決勝まで行っていればいつかチャンスが来る」と込めた思いを胸に、第一線を退いた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス