文字サイズ

韓国抗議も判定は変わらず 直後に侍ジャパンが勝ち越す 山田が3点二塁打

 8回、審判に抗議する韓国の監督(中央)=撮影・高部洋祐
 8回、走者一掃の勝ち越し適時二塁打を放ち、韓国ベンチの前を駆ける山田(撮影・高部洋祐)
2枚

 「東京五輪・野球・準決勝、日本-韓国」(4日、横浜スタジアム)

 日本は八回、2死一塁で近藤が一ゴロ。韓国は3-6-3で併殺を狙ったが、一塁手がベースを踏み損ねて一塁はセーフとなった。この際、一塁ベースを駆け抜けた近藤が大きくフェアゾーンに入っていたことから、韓国側はタッチし、アウトをアピールした。

 リプレー検証も行われたが、近藤に進塁の意志はなかったことから、判定は変わらず。この後、2四球で満塁となり山田の3点二塁打で勝ち越した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス