文字サイズ

侍ジャパン 痛恨の本塁憤死 リプレー検証でも判定覆らず 稲葉監督再アピールも失敗

 「東京五輪・野球・1次リーグ、日本-ドミニカ共和国」(28日、福島県営あづま球場)

 侍ジャパンが痛恨のプレーで同点を逃した。

 1点を追う八回、1死二塁。吉田正の左前打で二走・山田が果敢に本塁に突入したが、左翼手から好返球。本塁でアウトになった。

 稲葉監督はリプレー検証を要求。だが、判定は覆らずにアウト。稲葉監督はコリジョンプレーもアピールしたが、認められなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス