文字サイズ

花咲徳栄が5回戦でサヨナラ負け 6連覇ならず 新興勢力・山村学園が金星

 花咲徳栄の先発・高安悠斗(撮影・中田匡峻)
 8回、バッテリーミスで5失点目。ベンチで厳しい表情の花咲徳栄・岩井隆監督(左)=撮影・中田匡峻
 9回、同点適時打を放った花咲徳栄・冨田隼吾(撮影・中田匡峻)
3枚

 「高校野球埼玉大会・5回戦、山村学園6-5花咲徳栄」(22日、大宮公園野球場)

 花咲徳栄がサヨナラ負け。5回戦で敗退し、6連覇(昨夏の独自大会除く)を逃した。

 土壇場の九回に2本の適時打などで4点を返し、同点に追いつく驚異的な粘りを発揮。王者の意地をみせたが、その裏に力尽きた。

 花咲徳栄は17年夏には全国制覇、19年には埼玉県大会では初めて5連覇を達成するなど圧倒的な強さを誇ってきたが、ついに記録がストップした。

 山村学園は九回2死三塁から松野がサヨナラ打を放った。19年春の関東大会で4強入りするなど、近年実力をつけてきた新興勢力。同年夏の決勝で花咲徳栄に敗れたが、リベンジを果たした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス