文字サイズ

オリックス・中嶋監督「なんかあるのかなあ九回」連日の5失点に

 9回、岡島に勝ち越しソロを許し、ベンチで厳しい表情を見せる中嶋監督(中央右)=撮影・山口登
 ベンチで頭を抱える中嶋監督(左)=撮影・山口登
2枚

 「オリックス5-6楽天」(7日、京セラドーム大阪)

 オリックスは九回に4点リードを守れず逆転負け。

 打線は田中将の前に五回2死までノーヒットと苦戦するが、六回に福田、宗の連打で1死一、三塁とすると吉田正の二塁打で先制。ジョーンズも適時打で続いた。さらに八回には吉田正の16号ソロも飛び出し、楽勝と思われたが…。

 九回はベンチを外れた平野佳に代わって4試合連続無失点と好投を続けてきた張奕が登板。なんとか2死までこぎ着けたが、浅村に適時打のあと、島内に3ランで同点に追いつかれた。

 漆原を投入するが、岡島に初球を右翼スタンドに運ばれ勝ち越しを許した。

 中嶋聡監督は試合後、首をかしげて「なんかあるのかなあ九回」とつぶやいた。

 「ちょっと整理がつかないですね。ベストな形をと思っているんですけど、どうしてもあの回に今まで積み上げてきたものが崩れてしまう。ここに関しては乗り越えていくヤツが出ないといけないんで」

 これまでも平野佳が休養日にはさまざまな投手を試してきたが、いずれも期待に応えられていない。

 「難しいですね。本当に」

 11カードぶりの負け越しでも首位は変わらない。

 「順位とかは全然関係ない。気にしていない。一つ一つというのはある。結局、九回まで積み上げてきた田嶋の投球であったり。正尚のヒット。完ぺきな投球をされていたのに苦しみながらやっと取った点数。そこを九回ではき出してしまう。昨日も九回、きょうも九回5点、5点。これはなんとか乗り越えなきゃいけない。またどの投手を使っていくか考えていきたいと思います」

 25年ぶりの悲願へ向けて九回を任せられる存在の発掘は必須。今後も諦めずに試していく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス