文字サイズ

オリックス・中嶋監督 引き分け反省も粘りは評価「負けなかったですね」

 8回、選手交代を告げたオリックス・中嶋監督(撮影・佐々木彰尚)
 9回、空振り三振に倒れた大城(撮影・佐々木彰尚)
 7回、吉田正は右越えにソロを放つ(撮影・佐々木彰尚)
3枚

 「オリックス3-3西武」(26日、京セラドーム大阪)

 オリックスは2点を追う七回に吉田正の一発と杉本の三塁打、T-岡田の適時打で同点に追いついた。

 九回も平良を攻め1死一、二塁とするが、ロメロ、大城は連続三振で引き分けに終わった。

 中嶋聡監督は「負けなかったですね。でも、なかなか最後、打ち崩すのは難しい投手ですけど、なんとか、なんとか1点取りたかったですね」と悔しさをにじませた。

 平良は2四球と制球に苦しんでいただけに、得点の好機はあった。「あんまり、そこまで絶好調という感じではないので、それでもつなごうという意識もあった。(13残塁と)残塁が多かったので1本出ていればというのはありますけど、次、頑張ってもらいます」

 吉田正の一発から同点に追いついた。「追いかけるという意味で非常に大きいホームランですし、ラオウの三塁打、T-岡田のヒット。そういうところがしっかりつながってくれたら点になる」ここ5試合、2桁安打がないが、中軸に当たりが戻りつつある。

 前日はリードを守り切れなかったリリーフ陣だったが、山崎福のあと、漆原、富山、張奕、平野佳と無失点でリレー。「自分の役割をしっかり力を出してくれたと思います」

 8連戦も27日がラストとなる。「(疲れは)もちろんありますけど、あともう1試合頑張ってもらいます」。27日は先発に宮城を立て、連敗を止めにいく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス