文字サイズ

ロッテ・井口監督 佐々木朗を評価「投げるごとに成長」課題クイックも「できていた」

 1回、山田(手前)を遊ゴロに打ち取る先発・佐々木朗(撮影・開出牧)
2回、村上(後方)に先制の右越えソロを打たれた佐々木朗
ヤクルトに競り勝ちナインとタッチを交わす井口監督(右手前)。左手前は佐々木朗(撮影・開出牧)
3枚

 「ロッテ2-1ヤクルト」(10日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテの井口資仁監督(46)がプロ最長の6回を投げ4安打1失点に抑えた佐々木朗に今後も先発として期待をよせた。

 前回阪神戦は5回4失点ながら、打線の援護を受けプロ初勝利。今回は勝ち星はつかなかったが、失点は二回の村上のソロ1本に抑えた。プロ初登板の西武戦では5盗塁を許し、前回阪神戦でも1盗塁されたが、この日の許盗塁は0に指揮官は「課題のクイックもしっかりできていた。投げるごとに成長している姿を見せている」と評価した。

 交流戦は2度の登板を終え、次回はリーグ戦再開後の先発となるが、「チームの戦力として投げてもらっている」と井口監督。石川らが右肘の手術で戦列を離れるなど、先発事情が苦しい中、19歳右腕に今後の活躍を期待した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス