文字サイズ

和歌山大 接戦もあと一歩、慶大に惜敗

 「全日本大学野球選手権・2回戦、慶大4-2和歌山大」(9日、神宮球場)

 和歌山大は今大会唯一の国立大として名門・慶大に挑んだが、あと一歩及ばなかった。三回1死一塁で主将・安田圭吾捕手(4年・駒大苫小牧)の左越え適時二塁打で同点に追い付き、六回までは接戦を演じたが、七回に力尽きた。

 大原弘監督(56)は「これを勝ちきれるようなチームになって戻ってきたい」とリベンジを誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス