文字サイズ

巨人・原監督らが医療現場支援で紺綬褒章を受章

 巨人は8日、原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手、菅野智之投手、球団OBの岩隈久志氏の計6人が、新型コロナウイルスの医療現場支援で紺綬褒章を受章することになったと発表した。

 6人は昨年4月、医療現場支援のために各1000万円を東京都に寄付した。原監督は「今後の世の中のために、自分たちに何ができるのかを考えながら、野球に取り組んでいきたいと思っています」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス