文字サイズ

ヤクルト・奥川、9奪三振で6回2失点で2勝目の権利「修正して自分のピッチング」

力投するヤクルト・奥川恭伸=神宮球場(撮影・伊藤笙子)
初回に先制を許し、ベンチで伊藤投手コーチ(右)のアドバイスを受けるヤクルト・奥川=神宮球場(撮影・伊藤笙子)
5回、山田の2点適時打で生還し、喜ぶ三塁走者のヤクルト・奥川(左)=神宮球場(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「ヤクルト-日本ハム」(27日、神宮球場)

 ヤクルトの奥川恭伸投手が、初めての交流戦舞台で先発。6回6安打2失点、自己最多を更新する9奪三振、自己最多の96球の力投で2勝目の権利を手に降板した。

 雨が降る中でのマウンドとなった。その立ち上がり。ピンチを招くと、渡辺に右前適時打、二回には五十幡に適時打を浴びた。先取点こそ与えたが、それでもいずれも最少失点で切り抜けた。

 三回1死からは3番西川、4番近藤、5番渡辺から3連続三振を奪った。六回は1死から青木がグラブに当てながら落とす不運な二塁打を浴びたが、渡辺、R・ロドリゲスを連続三振に斬って、最後はグラブをたたいて喜んだ。

 奥川は「立ち上がり、少し投げ急いでいる感じがあり、少し思い通りのピッチングができなかったが、三回以降修正して自分のピッチングをすることができました」と振り返った。

 全力疾走で逆転を呼んだ。1点を追う五回、1死無走者で打席に立った。打球は二塁ゴロとなったが、一塁へ猛ダッシュ。一塁。R・ロドリゲスの落球を誘い、失策で出塁した。塩見の左前打、元山の一ゴロで2死二、三塁とし、山田が左前2点逆転適時打を放った。

 交流戦の初先発だった。自身2勝目を狙い、掲げたテーマは「平常心」。パ・リーグ相手でも「いつも通りできることをやろうと思っています」と闘志を燃やしていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス