文字サイズ

ヤクルト・小川が99球3安打無四球完封 ミニキャンプ成果出た チームは中日戦5連勝

中日戦に先発した小川=バンテリンドームナゴヤ
中日戦に先発した小川=バンテリンドームナゴヤ
2枚

 「中日0-5ヤクルト」(15日、バンテリンドーム)

 ヤクルトの小川泰弘投手が、今季初完投を完封で飾り3勝目をあげた。

 序盤から危なげのない投球で、貫禄を見せつけた。中日打線を相手に、直球主体で攻めの投球。今季最長、チームとして初の完投で3安打無失点にまとめた。わずか99球、無四球だった。

 中12日とリフレッシュを終えて戻ってきた1軍の舞台。長めの調整期間では「直球を操れていないのと、強い直球がいかなかった」と課題克服に向け、走り込みや遠投を増やすなどミニキャンプを行った。

 ヤクルトはここまでデーゲーム9敗3分。14試合目で初めて勝利を挙げた。また昨夜は先発・金久保の負傷交代を受け、6人の中継ぎ陣を起用していた。ブルペンを救うエースの快投で、中日戦5連勝となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス