文字サイズ

センター泣かせのマツダスタジアムで明暗 巨人・丸は間一髪で捕球「あぶねえ」

 7回、真正面からの日差しを受け、座り込みながら小園の飛球を捕る丸(撮影・立川洋一郎)
 7回、真正面からの日差しを受けながら安部の飛球を捕る丸(撮影・立川洋一郎)
7回、炭谷の打球を見失い適時打にする中堅手・羽月(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島-巨人」(5日、マツダスタジアム)

 七回の守りで明暗が分かれた。

 強い日差しの影響で、センター方向に上がった飛球が見えにくい状況に。広島の中堅手・羽月は2死一塁から炭谷の平凡な飛球を完全に見失い、打球は羽月の数メートル手前にポトリ。記録はヒットとなり、その間に一気に一塁走者の丸が本塁に生還した。

 一方、その裏の守りでは巨人の中堅手・丸にも2つの打球が飛んだ。1死から安部が打ち上げた飛球を捕球した際、「あぶねえ」と苦笑い。さらに2死一塁からの小園の飛球には膝を付いて抱え込むように捕球し、何とかキャッチ。ピンチを脱した。かつてカープでプレーしていた丸にとっては、経験値が生きた格好となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス