文字サイズ

巨人・原監督 打線は評価「粘り強くいっている」先発・今村には「点取られすぎ」

2回裏、厳しい表情の原監督=東京ドーム
 5回、今村はビシエド(右)に2ランを浴びる(撮影・佐藤厚)
 7回、ウィーラーは右中間に追撃の2ランを放ち、ナインに迎えられる(撮影・佐藤厚)
3枚

 「巨人6-9中日」(1日、東京ドーム)

 巨人が最大7点差から1点差まで詰め寄ったが、必勝を期して投入したビエイラが打ち込まれ競り負けた。中日に対して2連敗を喫した。

 原監督は「きのうも粘り強くいっているし、きょうも粘り強くいっているし、勝負は残念ながらというところはあるけどね。まあでも、こういう戦い方でいいと思いますね」と打線の粘りには評価し、敗戦を前向きに取らえていた。

 その一方で「まあしかし、点取られすぎたね」とぽつり。先発・今村は4回2/3を7安打4失点。「そういう意味では先発の今村は粘り切れなかった印象ですが」と問われると「うんうん」とうなずいた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス