文字サイズ

日本ハム、まさかのドロー 九回2死から3失点 清水ベンチでぼう然

 「オリックス4-4日本ハム」(11日、京セラドーム大阪)

 日本ハムが九回2死から3点を失い、引き分けた。目前にしていた勝利を逃し、試合後捕手・清水はしばらくの間ベンチから動けず、ぼう然としていた。

 3点リードの九回、2番手・玉井が登板。1死から中川に死球を与え、2死後、太田に中前打を浴びて一、三塁のピンチを招いた。ここでT-岡田に中前適時打を浴びて2点差。さらに暴投で二、三塁とされ、宗に右中間同点三塁打を打たれた。なお2死三塁のピンチは3番手・井口が安達を遊ゴロに仕留めてサヨナラ負けは逃れた。

 先発・加藤は8回6安打1失点の好投。打線は1点を追う七回、清水の中前適時打、郡の適時二塁打で2点を奪い逆転。八回には高浜のソロと樋口の適時二塁打で2点を追加して勝ちパターンに持ち込んでいた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス